« 異動の季節 | トップページ | Bollasの理論について その1 »

2013/04/15

発達障害児の理解

 普段、積極的に発達障害児に関わることはないのだけど、それでも大学の相談室に関わっていれば、特に親面接という形で発達障害児の支援に携わることがある。あまり他で見かけることのない理解を私は時々持つので、そんなことについて少しだけ。

 発達障害を抱えた子どもや大人が示すパニックというものは、発達障害に関する文献でもネット上の情報でもよく見かけるものだし、そこには挫折や傷つきについての脆弱さという理解が反映されているように思う。けれども、いわゆるパニックを引き起こすのはそれだけではなくて、失敗や挫折に伴う気持ちの落ち込みであったり、周囲とうまくやれないことでの寂しさであったり、あるいは惨めさであったりすることもあるように思う。それから、実のところ、自分がしたことが相手を不快にさせたり、傷つけたりしていることについての罪悪感もその要因の1つに数えられるように思う。
 発達障害とパニックの関連は、あまりにもありふれた理解になりすぎて、パニックを引き起こす刺激をどう制御して、その刺激が生じた時にそれにどう対処するかという反応形成の話に傾きやすいように思うのだけれども、発達障害児に心がある時に、それが内的にどのような体験であるのかはもっと論じられて良いように思う。とりわけ、軽度発達障害と呼ばれる人たちにおいてはそうだろうと思う。この文脈では特に自閉症スペクトラムに焦点が当てられるのだろうけど、同じことはADHDにも当てはまる。海外の文献を読んでいると、ADHDは発達障害としてよりも1つの行動傾向として扱われているように思えるところもあって、時々どう理解したらよいのか分からないこともあるのだけれど、彼ら(多くが男児なので)が示す落ち着きのなさもまた、自閉症スペクトラムにおいてもそうかもしれないのと同じように、その背後に落ち込みや惨めさや傷つきや罪悪感を隠しているように思う。

 それはまるで運動によるβ要素の排泄のように。あるいは躁的防衛のように。

 Bionがそれについて語った時に、もちろんそこで想定されていたのは精神病の世界だったけれども、排泄されたβ要素はやがて隗集して奇怪な対象を作り出すか、そうでなければちりぢりになって霧散してしまうかであった。けれども、この排泄はまた投影同一化として語られているわけで、そこには内的世界において、母親の乳房に排泄をするという意味での対象が想定されている。発達障害児において、そうした「中へ」の排泄が成り立つのかということや、対象という概念が発達障害的心の部分において成り立つのかはよく分からない。発達障害児の心の二次元性ということについて精神分析が語る時、それは対象や自己の「表面」でことが起きていることに言及している。
 けれども、少なくとも自己に目を向けた時には、受入れがたい体験の排泄や否認が起きているように思う。

 そのことは、逆説的に、彼らが苦痛な意見に対する気付きを持っているという理解を意味している。

 刺激から反応への結びつきとして語られる、欲求の挫折に対するパニックという図式は、その間に恥、傷つき、怒り、抑うつ、罪悪感といった情動と、そのことの受け入れがたさとが挟まって1つの図式として完成するように思う。学校で大声を出す時に、友達とのトラブルがある時に、授業中におとなしく座っておけない時に、受けた注意に対して過剰な反応が生み出される時に、そこにあるのは強すぎる刺激への過敏な反応なのではなく、内的に生じる情動への苦痛に満ちた反応なのではないかと思える。
 こうした理解がどの程度正当なものか私にはよく分からないし、どの程度共有される視点であるのかも分からないけれども、こうした理解からは、自らを取り巻く環境と、その環境に対する自分の心の中での反応とを「分かっている」心の部分があるという理解が生まれてくる。生まれてくるというか、後者の理解は上記の理解と同時に抱かれる理解である。分かっていることが心にそれとして受け入れられるには、長い成長の過程が必要とされる。恥や寂しさや傷つきや抑うつや怒りや罪悪感やその他の受け入れがたい感情が、そうたやすく受け入れられるものになるわけではない。その作用を乳房によるmetabolizingの欠如として考えて良いのかも分からないけれども、子どものパニックや落ち着きのなさが問題になる時に、そこに受け入れがたい情動体験が生じているという理解は事態の見通しを意味のあるものにしてくれるように思う。
 そうして、そこに心の働きを見ることができた時には、分からなかった子どもの心が少しは分かるものにもなるのではないだろうかということを、それはまた、お母さんたちに伝えることの出来る希望であるのではないだろうかということを、発達障害児を抱えるお母さんたちと働く時の私の支えとしているのだ。

|

« 異動の季節 | トップページ | Bollasの理論について その1 »

コメント

精神分析の本を読んでいますが、とても難解で困っています。象徴化形成とはなんですか?

発達障害児の体験している世界とはどんなものですか?
問題行動とどう関係がありますか?

投稿: | 2014/03/18 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88325/57175423

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害児の理解:

« 異動の季節 | トップページ | Bollasの理論について その1 »