« 日本精神分析学会第54回大会 | トップページ | 日本精神分析学会第54回大会 3日目 »

2008/11/02

日本精神分析学会第54回大会 2日目

 分析学会の2日目が終わった。

 知り合いの先生の発表を見に行った。何か質問をしようと思ったが、あまりまとまらずに手を挙げられなかった。きれいな質問をする必要もないのだと思うけど、答えに窮する質問を投げてしまうのもどうかと思ったが、後から思ったことを話したらそれを質問して欲しかったとその先生や周囲の先生から言われた。どうもすみません。

 今回の一般演題はいまいち面白いところにあたらなかった。多分間違った選択をしたというよりも、選択の仕方をそもそも間違えていたのだろう。

 ランチョンセミナーには出ず。昨日一緒だった先生は今日のランチョンセミナーのためにいろいろな準備をしていたようだったけれども、どうだったのだろう。

 知り合いの先生が私がブログを書いていることを知っていたらしいということが判明。まあ、いつかはそういう日が来るのだろうと思っていたけど、そういう日が訪れたらしい。私が知っているだけで、私がこのブログを書いていることを知っている先生は2人。もしかしたらもう少しいるのかもしれない。

 飲み会をしながら、翻訳の話とか、それにまつわる話とか、精神科医の精神療法の話とかを聞いた。精神科医には精神科医の難しさがあって、精神科医の医療には精神科医の医療の問題点があるのだなということを知らされた。困難はどこにでも転がっている。それを拾い上げるか飛び越えるかは自由だけれども、それにも関わらず困難はどこにでも転がっている。

|

« 日本精神分析学会第54回大会 | トップページ | 日本精神分析学会第54回大会 3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88325/42979014

この記事へのトラックバック一覧です: 日本精神分析学会第54回大会 2日目:

« 日本精神分析学会第54回大会 | トップページ | 日本精神分析学会第54回大会 3日目 »