« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/26

オイディプス王

 ソポクレスの「オイディプス王」(藤沢令夫訳・岩波文庫)を読んだ。前から疑問に思っていたことなのだが、フロイトが描くエディプス葛藤は、この物語にうまくなぞらえられるものなのだろうか。フロイトの描く子どもの両親との葛藤は、この物語によってこそ適切に描かれているといえるのだろうか。

続きを読む "オイディプス王"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/16

もっと光を

 刑務所でのカウンセリングを始めてから2ヶ月が経つ。刑務所のカウンセリングには一般の精神科や相談機関で行うのとは違う困難がある。それについてはまた書こうと思うが、それ以上に異なるのは、カウンセリングに訪れる人々の所属する社会経済的階層だ。

続きを読む "もっと光を"

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007/06/03

サイコロジスト

 こちらでAAIの研修を一緒に受けた人の中に医療関係者が4人いた。その中には大学に勤めている人もいたし、病院で働いている人もいたけれども、そのうちの2人はサイコロジストとして開業をしていた。1人は私よりも年長だけれども、もう1人は私よりも若いと思う。残りの2人のうち1人はソーシャルワーカーだけれども、心理療法もやるようで、残りの1人については話をしていないので分からない。

続きを読む "サイコロジスト"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »