« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/29

精神分析学会報告

 名古屋の国際会議場は比較的都心からのアクセスがよく、会場の中も過ごしやすかった。それでもそれほど広くない部屋でのセッションでは人の多さに辟易し、空調がもたらす以上の暖められた空気に集中力をそがれることもあった。なんとか無事に学会が終わり、それを少し振り返ってみる。

続きを読む "精神分析学会報告"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/11/18

帰属について

 これまで帰属という言葉は原因帰属という言葉と一緒にしか意識したことがなく、原因帰属は物事の原因を自己か外界かのどちらに帰属させるかといったことを表しているのだろうとしか考えていなかった。しかし、帰属について調べてみると、それは対人認知の1つとして他者の固有の特性に関する推論を指していることが分かった。それは興味深いことだったので、テキスト(対人社会心理学重要論文集5「対人知覚と社会的認知の心理」)を片手にまとめてみた。

続きを読む "帰属について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/16

知人からの相談を受ける

 こういう仕事をしていると、時々知人からの相談のメールや電話を受けることがある。比較的軽い悩みから、あまり軽いとは言えない悩みまであり、それがどのようなものであろうとも私の心はその度に痛む。こういう仕事をしていれば多少のことには動じなくなるし、実際に知人からの連絡を受けて大きく動揺することはない。それだけの経験を私たちは日々積み重ねているからだ。それでも自分の知っている人が傷ついている姿をみるのは悲しい。どこかで胸のきしむ音がする。

続きを読む "知人からの相談を受ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

卒業論文

 このサイトに訪れる人の何割かは検索サイトからやってくる。もともとなぜだか統計用語での検索が多かったが、ここに来て、その割合がさらに高くなっている。1位はSPSSだ。どうしてだろうと思っていたが、この時期は学部4年生が卒論を書く時期で、そろそろデータを集め終わって分析に取り掛かっている頃なのだと思い当たった。

続きを読む "卒業論文"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

日本心理学会大会

 11/3から行われていた学会も今日で全て終了した。さすがに最終日の午後になると人の数も少ないように思えたし、実際今回一緒に発表した人はくたびれた姿を見せて帰っていった。私も一番最後の時間帯までは残らず、最後のポスターセッションの時間に知人の発表をのぞいて、書籍を購入し3時前には会場を後にした。

続きを読む "日本心理学会大会"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »