2013/08/04

バルスに寄せて その1

 2年前の「天空の城ラピュタ」の放映時、「バルス」のツイートが1秒間に2万5千を数えたことについてエントリを書いた。そしてこの前、同じ映画の放送の同じタイミングにおいて、バルスのツイートは1秒間に14万を超えたという。mixiもニコニコ動画も前回の教訓を旨に、サーバーの増強、特設会場の設置等をして事態に備えたようだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

Bollasの理論について その3

 前回から間が開いてしまったけど、続き。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/03

Bollasの理論について その2

 Bollasを一躍有名にしたのは、変形性対象という概念ではないかと思う。対象という言葉を使ってはいるけれども、対象はむしろ過程の一部であるという点において、いわゆる対象概念とは理解を異にする。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/02

Bollasの理論について その1

 psypubさんが読んだ事がないというので、Bollasについて私なりに理解したところを書いてみようと思う。という前振り。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/15

発達障害児の理解

 普段、積極的に発達障害児に関わることはないのだけど、それでも大学の相談室に関わっていれば、特に親面接という形で発達障害児の支援に携わることがある。あまり他で見かけることのない理解を私は時々持つので、そんなことについて少しだけ。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/04/01

異動の季節

 大学を移りました。大学院を終え、研究生を士ながら博士号を取得し、そうして就職した大学には結局7年間在籍したことになります。このブログを始めたのはその頃で、だからそろそろここも7年になろうとしています。細々とは言え、ずいぶん続いているものです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/12

Tavistockクリニック訪問記

 イギリスにTavistockクリニックと呼ばれる心理療法機関がある。イギリスの保険制度であるところのNHS(National Health Service)に含まれる機関であり、言わずと知れた精神分析の中心地である。日本における先導的な精神分析家の中にもここを訪れた人は少なくないし、著名な精神分析家の中にこのクリニックに関わりのある人もまたはるかに多い。隣にはPortmanクリニックと呼ばれる、司法領域に属する患者への心理療法を行う機関もあり、2つはTavistock Centerとして1つの財団を成している。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/29

元受刑者の社会復帰支援

 先日、私も参加しているNPOでフォーラムを開催した。そこではこの世界では名前を知られた方にも講演をしてもらったのだけど、何となくその話を聞きながらもやもやしているので、いつものように書きながら整理をしてみようと思う。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/12

精神分析学会第58回大会第3日目

 3日目は午前中に総会、被災地支援のパネルディスカッション、そして対象喪失のシンポジウム。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神分析学会第58回大会第2日目

 第2日目。と言っても、午前中は休んでいたので、午後からの参加。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«精神分析学会第58回大会第1日目